シワに効く成分配合の美容液で効果的にシワを消す!

シワは肌の乾燥や表情のクセなど、様々な原因がありますが、一番は加齢による肌の老化。

 

肌にハリや弾力をもたらすコラーゲンやエラスチンが減少していために、シワが刻まれていくのです。

 

これを予防し、できてしまったシワを目立たなくしていくには、肌内部のコラーゲンやエラスチンを増やすことが大切。

 

それにはお肌の乾燥を予防するだけでなく、肌内部の真皮に働きかけてくれる美容成分を配合した美容液でケアをすると効果的です。

 

その成分は何かというと、

  • レチノール
  • ビタミンC

といった成分。

 

レチノールやビタミンCは抗酸化作用があり、お肌のコラーゲンを作る細胞を刺激して、肌のハリや弾力を取り戻し、シワを消す効果が期待できます。

 

このサイトでは、レチノールをはじめとした抗酸化成分を高濃度に配合し、シワにしっかり効く美容液を厳選してご紹介。

 

毎日のスキンケアに取り入れて、シワのない若々しいお肌を取り戻しましょう!

 

抗酸化成分配合!シワに効く美容液総合ランキング

シワ美容液2位

トワエッセの特徴

トワエッセは、ヒアルロン酸・コラーゲンの産生をサポートするプロテオグリカンを配合した、シワに効く美容液です。

108種類もの美容成分を贅沢に使い、肌にハリやうるおいを与え、肌の老化をストップ。

人工皮膜成分、メビヴェールが瞬時に肌表面に皮膜を作り、刻まれたシワの改善に効果を発揮します。

価格 評価 主な有効成分
1,980円 評価5 メビヴェール・プロテオグリカン
トワエッセの総評

これでもかというほどエイジングケア成分を贅沢に配合しているのは、他の美容液に類を見ないほど。30日返金保証なので、お得な価格でメビヴェールの威力を実感してみてください!

シワ美容液1位

アヤナス エッセンスコンセントレートの特徴

アヤナスのエッセンスコンセントレートは、人気の高い敏感肌用のエイジングケア美容液。

レチノールやビタミンCなど、肌への刺激が強い成分の代わりに、コラーゲンを作る線維芽細胞を増加するビルベリー葉エキスを配合。

肌が弱い方でも安心してケアできるシワ美容液です。

価格 評価 主な有効成分
8,100円 トライアル1,480円 評価5 ビルベリー葉エキス
アヤナス エッセンスコンセントレートの総評

アヤナスは肌が弱く、エイジングケアができなかった方へおすすめのコスメ。30日間返品保証が付いたトライアルセットで、口元や目元のシワへやさしくなじむ使い心地をお試しください!

 

 

 

シワ美容液3位

リペアジェルの特徴

リペアジェルは、ビタミンC生命体とアミノ酸生命体という抗シワ成分を配合したオールインワン美容液。

臨床試験でも実証され、医学誌にも掲載されるほど信頼度の高いエイジングケア化粧品です。

100%植物由来の成分で肌にやさしいのも人気の理由です。

価格 評価 主な有効成分
15,000円 トライアル1,900円 評価4.5 コラーゲン生命体・アミノ酸生命体
リペアジェルの総評

100%美容成分で作られた美容液だけあって、その効果もすぐに実感。通販だけの初回限定のトライアルキットで、濃厚な使い心地を試してみてください。

 

シワ美容液4位

ビーグレン Cセラムの特徴

ビーグレンのCセラムは、浸透しにくいと言われているビタミンCをそのまま美容液に配合することに成功した、ビタミンC美容液。

ビーグレンの医療レベルの浸透テクノロジーで、お肌の真皮にしっかり成分を届け、深いシワにも効果を発揮します。

浸透するときに肌がポッと温かくなり、すぐに効果を実感することができます。

価格 評価 主な有効成分
4,700円 トライアル1,800円 評価3.5 ビタミンC
ビーグレン Cセラムの総評

ビーグレンの製品は全て365日間、返金保証付き。リピート率の高いエイジングケアトライアルセットで、Cセラムのシワへの威力を実感してください。

 

シワ美容液5位

サイクルプラスの特徴

サイクルプラスは、ビタミンC誘導体をさらにお肌に浸透しやすくした新型ビタミンC誘導体、APPS(アプレシエ)を配合したシワ美容液。

お肌の深部に抗シワ成分を届け、お肌の若返りをサポートしてくれます。

保湿効果も高く、乾燥による小ジワにお悩みの方におすすめです。

価格 評価 主な有効成分
2,800円 評価3.5 APPS
サイクルプラスの総評

初回お試しセットは、1週間分のトライアルセットが付いてくるお得なセット。ぜひこの機会にAPPSのシワへの効果を試してみてください!

シワ美容液6位

B.Aセラムレブアップの特徴

B.Aセラムレブアップは、ポーラのエイジングケア化粧品の最高峰、B.Aシリーズから発売されたシワに効く美容液。

肌本来が持つ「自浄作用」を回復させて肌内のコラーゲンを増やし、気になるシワを目立たなくしてくれます。

値段が高めですが、口コミでも評価が高く、幅広い年代から購入されています。

ワンランク上のエイジングケアを目指す方に最適なエイジングケア美容液です。

価格 評価 主な有効成分
14,580円 評価3.5 SBフレッシュ-R(ポーラオリジナル成分)
B.Aセラムレブアップの総評

さすが最高峰といえるつけ心地。つけて肌がすべすべになり、価格だけのことはあると納得できる1本です。
本気のアンチエイジングをお考えの方におすすめです。
こちらにB.Aセラムレブアップを使った体験談がありますので、ぜひ参考にしてください。
ポーラB.Aセラムレブアップの口コミは?効果と使い方を徹底検証!

 

シワに効く抗酸化成分でシワを解消しよう!

 

シワの原因、肌の老化を引き起こすものに活性酸素があります。

 

活性酸素は、紫外線や加齢、ストレス、有害物質などが原因で体内で作り出される悪玉酸素で、お肌や細胞を傷つける宿敵です。

 

逆を言えば、シワを解消するためには、まずこの活性酸素に打ち勝つ必要があるというわけです。

 

それに効果的なのが抗酸化成分を配合する抗酸化化粧品。毎日のスキンケアに取り入れることで、シワの進行を遅らせたり、軽減することができます。

シワに効く主な抗酸化成分
  • ビタミンC(ビタミンC誘導体として配合されているものが多い)
  • レチノール(ビタミンAの一種)
  • ナイアシン(ビタミンB3)
  • カテキン
  • リコピン
  • レスベラトロール
  • 油溶性甘草エキス(美白効果もある)
  • オウゴンエキス
  • シワ美容液は、こうした成分が配合されているかチェックして選ぶようにしましょう!

     

    シワの種類別おすすめのシワ美容液

    小ジワ 表情ジワ 真皮ジワ

    お肌の乾燥が進んで、目元や口元に細かいシワが気になる方。

    >>詳細はこちら

    普段の表情癖で眉間やおでこにシワが気になる方。

    >>詳細はこちら

    溝が深いシワやまぶたのくぼみが気になる方。

    >>詳細はこちら

    目や口の周りの小ジワはなぜできる?小ジワの原因と対策

    小ジワができる原因

    目元や口元にできる細かい小ジワは、若い人にもできることがあります。

     

    これは肌の乾燥が主な原因です。

     

    目や口の周辺は顔の中でも皮膚が薄く、皮脂が出る皮脂腺も少なめ。その割によく動かす部位なので、乾燥しやすく、小さいシワができやすいのです。

     

    小ジワは、若いうちはできても化粧水や保湿クリームでケアを行えばすぐに消えますが、30代以降になるとそうもいきません。

     

    肌のターンオーバー機能の衰えに加えて、皮膚内で水分を保持する働きをしてくれるセラミドが減少してしまうため、正しい保湿ケアを行わないと、乾燥が進んで小ジワが深くなり、消えないシワへの発展してしまいます。

     

    目元や口元の小ジワに気がついたら、早めに保湿ケアをして解消することが大切です。

     

    正しい保湿ケアで小ジワ対策

    乾燥による小ジワをケアするためには、保湿力の高い化粧品を選ぶことが大切。

     

    ヒアルロン酸やコラーゲンが配合された化粧水だけでなく、セラミドが配合された美容液などを使って、減少するセラミドを補うことで、肌本来の保水力が回復して、肌の乾燥を予防することができます。

     

    保湿ケアの手順

    洗顔後、化粧水を顔全体にしっかりなじませます。シワのできやすい目元、口元には二度づけを行いましょう。

     

    次に美容液を化粧水同様、顔全体になじませて、乾燥する部分に重ねてつけるようにしましょう。美容液は保湿ケアでは欠かせないアイテム。ケチることなく、たっぷり使うことが基本です。

     

    そして、乾燥しやすい季節にはセラミドを配合した保湿クリームを。べたつくのが苦手な方は油分の少ない保湿ジェルがおすすめです。

     

    肌への負担を減らして小ジワ予防

    小ジワができると、何となくリキッドタイプやクリームタイプのファンデーションのほうが目立たなくできる気がしますが、これはNG。

     

    リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションは、油分と水分を混ぜ合わせるために界面活性剤や防腐剤を多く配合しているので、肌には負担が大きく、かえって肌を乾燥させてしまいます。

     

    そこでおすすめなのがパウダータイプのファンデーションです。

     

    パウダーファンデーションは肌に負担のかかる成分が少なめで、クレンジングもジェルタイプのものやクリームタイプのように肌にやさしい分、洗浄力に落ちるものでも十分。

     

    皮脂の落としすぎで肌を乾燥させてしまうこともありません。

     

    肌を乾燥させないために紫外線対策もしっかり行いたいところ。

     

    日焼け止めを塗るのが効果的ですが、保湿クリームの上にUVカットできるパウダーファンデを使うほうが肌に負担がかからず、小ジワ対策には有効です。

     

    小ジワ対策におすすめの美容液

     

    アヤナス エッセンスコンセントレート

     

    敏感肌・乾燥肌ブランドのディセンシアアヤナスの美容液、エッセンスコンセントレートは、セラミドを配合した美容液。

     

    肌に浸透しやすい状態にしたヒト型ナノセラミドがお肌の内側を潤して、乾燥を予防し、お肌を健康な状態に育ててくれます。

     

    目元・口元の小ジワが気になる方にイチオシの美容液です。

     

     

    表情ジワはまず癖を意識して直すことから!表情ジワの特徴と効果的な対策

    表情ジワは年齢が進むと深くなる

    笑ったり、泣いたり、怒って顔をしかめたり、考え事をして眉間にシワを寄せたり・・・表情を動かすとシワになるのは当たり前。

     

    肌に弾力がある若いうちなら、すぐ元通りに戻りますが、長年、癖で同じような表情をしていると、その部位の表情筋が伸縮を繰り返し、そこだけコラーゲン線維の束の配列が不均等になって、シワが消えなくなってしまいます。

     

    深くなる前に、意識して表情の癖を直し、シワの進行を食い止めましょう。

     

    こんなところにシワがない?表情ジワの出やすい部位

    眉間のシワ

    眉間にシワがあると、何だかいつもしかめっ面をしている顔つきに見えますよね。

     

    大抵、眉間のシワは、怒ったり、考え込んだりすることでできてしまいます。

     

    おでこのシワ

    額に横に走るおでこのシワ。何本も入ると、老けた印象を与えます。

     

    笑ったり、驚いたり、いろんな表情で入ってしまいます。鏡でどんな表情をすると額にシワができるか、しっかりチェックしてみましょう。

     

    アイメイクをするときにも要チェックです。

     

    口周りのシワ

    怒って口をすぼめたり、考え事をするときや、機嫌が悪いときに、口を曲げたりしていませんか?

     

    こういった表情癖は、ほうれい線を深くしてしまったり、口の周りに細かい縦のシワができるので注意が必要です。

     

    表情筋エクササイズは効果的?

     

    表情ジワ解消に表情筋エクササイズを取り入れている方もいらっしゃいますが、やりすぎは禁物。

     

    肌が乾燥しているときにムリに行うと、かえってコラーゲン線維を傷つけて、表情ジワが進行してしまうこともあります。

     

    逆効果にならないためにも、表情筋エクササイズを行うときは、しっかり保湿ケアを行い、市販のエクササイズグッズを使用して行うようにしましょう。

     

    ビタミンCで表情ジワの進行をストップ!

     

    表情ジワが深くなって消えなくなるのは、真皮という、肌の深い部分にある層がダメージを負ってしまい、肌のハリや弾力が低下してしまうことが主な原因です。

     

    なので、表情の癖でできたシワに保湿だけを行っても効果は薄いというのが現実。

     

    もちろん乾燥を予防することも大切ですが、それに加えて、コラーゲンを増生させて、肌のハリや弾力を回復させるケアが必要です。それにはコラーゲンを増やす効果のある成分、ビタミンCを配合した化粧品が効果的です。

     

    表情ジワ対策におすすめの美容液

     

    リペアジェル

     

    リペアジェルはそのままでは浸透しにくいビタミンCをビタミンC生命体という独自の成分で配合した美容液です。

     

    100%美容成分で作られた濃厚なジェルが肌の奥に浸透し、コラーゲン増生をサポート。

     

    肌の弾力を回復させ、表情の癖でできてしまった表情ジワを目立たなくしていってくれます。

     

     

    深く刻まれた真皮のシワができる原因と効果的な対策

    真皮のシワの主な原因は加齢と紫外線!

    おでこや口元にできてしまった深いシワやまぶたのくぼみは、加齢によるお肌の老化と、紫外線が主な原因。

     

    加齢や紫外線の影響で、皮膚の内側にある真皮という部分を構成しているコラーゲン線維やエラスチン線維が変性したり、その周囲にあるヒアルロン酸が減って、真皮内の水分量が不足したりしてしまうことで皮膚のハリや弾力が低下し、シワができるというわけです。

     

    これを真皮のシワ、もしくは加齢ジワともいいます。

     

    真皮のシワ対策は紫外線予防から

     

    真皮のシワは早いうちから対策を行うことがケアの基本。深いシワを作らないためにも、まず紫外線対策は万全に行いましょう。

     

    セラミドやヒアルロン酸など、保湿力の高い保湿化粧品で乾燥を予防したら、UVクリーム、もしくはUVケアができるファンデーションで紫外線をしっかりブロックします。

     

    UVクリームはSPFの高いものほど肌に負担をかけるので、あまり高くないものを。日常生活ではSPF20ほどのものでも十分です。

     

    また日焼け止めには紫外線吸収剤を配合したものと紫外線散乱剤を配合したものの2種類がありますが、紫外線吸収剤は肌への刺激が大きいものが多いので、「紫外線吸収剤フリー」や「紫外線吸収剤不使用」、「ノンケミカル」等と表示されたUVケアクリームがおすすめです。

     

    またUVクリームは部分的に塗るだけではダメ。顔全体に厚く塗らないとUVカット効果が十分に発揮できません。ちょっとしたお出掛けでも気を抜かないよう注意しましょう!

     

    自己流マッサージはほどほどに

     

    よく化粧水をコットンにとってパチパチたたいているのを見かけることがありますが、ああいった方法ではシワにはあまり効果が期待できません。

     

    かえってお肌に刺激を与えて炎症を起こし、黒ずみの原因にもなりかねません。化粧水は手で顔全体になじませて使うようにしましょう。

     

    またシワを伸ばそうと手で引っ張ったり、持ち上げたりするのも、コラーゲン線維を傷つけてしまって、シワやたるみができることもあります。自己流のマッサージで真皮を傷つけないように気をつけましょう。

     

    抗酸化作用のある化粧品でハリや弾力を回復

     

    真皮のシワを目立たなくするためには、お肌のコラーゲンを増やし、肌のハリや弾力を回復させることが急務。それには抗酸化作用がある化粧品で毎日のスキンケアを行うことが効果的です。

     

    おすすめはレチノールとビタミンCを配合した化粧品。レチノールやビタミンCはコラーゲンの増生を促し、長期間、使うことによって、深く刻まれた真皮ジワも目立たなくしてくれます。

     

    レチノールは浸透力の高いパルミチン酸レチノールがおすすめ。ただレチノールはお肌に刺激を感じることがあるので、肌の弱い方はビタミンC誘導体などビタミンCが配合されたものを選びましょう。

     

    ピーリングを併用すると効果倍増!

     

    真皮にできたシワを解消するには抗酸化化粧品にプラスして、古い角質を除去するピーリングを取り入れるとより効果的。

     

    ピーリングをした後は、美容成分の浸透力も高まるだけでなく、お肌のターンオーバーを促進して、コラーゲンを作る線維芽細胞を活性化させるためです。

     

    シワだけでなく、たるみやシミにも効果があるので、週に一度取り入れてみましょう。

     

    真皮ジワに効果的なおすすめシワ美容液

     

    トワエッセ

     

    トワエッセはパルミチン酸レチノールを高配合した人気の高いエイジングケア美容液。

     

    お肌のコラーゲンを増やすだけでなく、肌表面に皮膜を形成するメビヴェールで肌をコーティングし、真皮ジワに効果を発揮します。

     

    消えないシワにお悩みの方に今最もおすすめの美容液です。

     

     

     

     

    >>シワに効く美容液ランキングTOPに戻る